ブログ|柳川市で歯科をお探しの方は曙町の石井歯科医院まで

時間 日・祝
9:00~12:30
14:00~18:00
休診:土曜午後・日曜・祝日
▲水曜午後の診療は14:00~15:30
△土曜の診療は9:00~12:00

〒832-0026 福岡県柳川市曙町31

  • 電話
  • メニュー

ブログ


歯周病治療は時間がかかる?

2022年4月25日

新型コロナウイルス感染者数が気になる日常となってしまいました。

最近は減少傾向にあり、制限緩和もすすみほっとしています。

 

感染者数といえばですが、歯周病は世界中で最も感染者数の多い感染症です。

「全世界で最も蔓延している病気が歯周病である。」と2001年にギネス記録に認定されています。

地球上を見渡してもこの病気に冒されていない人間は数えるほどしかいないそうです。

 

では歯周病の治療として思い浮かべるのは、歯石をとることではないでしょうか?

YouTubeの歯科のジャンルでもっとも再生回数が伸びるのは歯石除去の動画だそうです。

歯石をとれば歯周病が治るのでしょうか?

歯周病治療で一番重要なのはプラークコントロールなんです。

 

「プラーク(歯垢)をコントロールする」

 

つまりハミガキをしっかりとすればいいのですが、それが案外難しいことなのです。

定期的に歯科で歯石とればいいという考えでは歯周病治療としては足りないのです。

日々のハミガキをいかに丁寧に行っていくかが重要なのです。

患者さん自身が歯周病治療の主役であり、歯科医院はそのサポートをさせていただくかたちです。

こう話していると歯周病治療って大変そうですよね。

人それぞれ病状も違いますし、治りやすさも違います。

かかりつけの歯科医院をみつけ、長期に定期的な観察を行っていくこともいいのかなと思います。

 

結論:歯周病治療は時間かかります。

 

福岡県柳川市 石井歯科医院

従来の型どりよりも、口腔内スキャナ―のほうが精度がよい?

2022年4月21日

従来の型どりとは、歯科医院で歯型どりされたことのある方はみなさん経験されていると思います。

今は、条件的にですが、口腔内スキャナーによる歯型どり(光学印象)を当院では採用しております。

条件的にといいますと、口腔内スキャナ―は見えるところ(光が届く部分)をスキャニングしますので、歯ぐきより深い歯の表面の部分をとるのが苦手となります。また多数の歯がない場合は、指標が少なくなるのでデータに歪みが生じやすくなるので工夫が必要です。

 

 

その力を十分に発揮するのはインプラント治療ではないでしょうか。

まずインプラント治療計画するうえで、CTと口腔内スキャナーによる光学印象のデジタルデータでインプラントの最終的なインプラントの位置をシミュレーションを行います。

シミュレーションをもとに3Dプリンタで作った手術用のマウスピースを用いてインプラントを正確に埋入していきます。

十分な治癒期間後、インプラントのかぶせものを型どりするわけですが、この時も口腔内スキャナ―による光学印象を行います。

そのデータをもとに技工士さんに作成していただきます。

インプラントの症例に応じては、一度も従来の型どりをせずに治療が終わることも可能です。

 

 

では、タイトルの の話をいたします。

臨床実感としては、1本だけ歯がない(以下:単独歯欠損)場合のインプラント治療においては、口腔内スキャナ―でつくるかぶせものの方が従来の型どりで作るものより、精度が高いなと感じておりました。

 

先日、日本口腔インプラント学会誌vol.35 No.1に以下の原著論文(基礎研究)が掲載されておりました。

 

単独歯欠損における各種口腔内スキャナ―の位置再現性に関するシリコーン印象材との比較検討 (村上高宏,熱田亙,岩本麻也,菅野岳志,伊藤準之助,村上修一,田中譲治)

 

内容としては、複数のメーカーの口腔内スキャナ―のインプラントの位置再現性の比較検討を行った結果、口腔内スキャナ―を用いた光学印象法は、シリコーン印象法(従来の型どり)よりも高いインプラント位置再現性を示したのことです。

 

 

型どりの精度は、かぶせものの長期安定にかかせない要因の一つとなります。長年の実績のある従来の型どりを否定するではなく、口腔内スキャナ―を用いた光学印象を行うことで、よりよいインプラント治療を提供できる可能性を感じております。

当院では、口腔内スキャナ―を用いたインプラント治療を積極的に行っております。

福岡市の歯科技工所CharmDentalDesignの藤崎さんにインプラントのかぶせものを作製依頼しております。非常に腕のよい技工士さんです。デジタルデータを送信して作っていただく流れとなります。

福岡県柳川市 石井歯科医院

GW ゴールデンウィークの休診のおしらせ

2022年4月7日

ゴールデンウィークの休診のおしらせをいたします。

 

休診 4月29日(金曜日)

診療 4月30日(土曜日)

休診 5月1日(日曜日)

休診 5月2日(月曜日)

休診 5月3日(火曜日)

休診 5月4日(水曜日)

休診 5月5日(木曜日)

診療 5月6日(金曜日)

診療 5月7日(土曜日)

休診 5月8日(日曜日)

診療 5月9日(月曜日) 

 

5月2日のみ平日に休診いただいております。

どうぞよろしくお願いいたします。

福岡県柳川市 石井歯科医院

歯科衛生士 募集中

2022年4月6日

一緒に働いていただける歯科衛生士さんを募集しています。

詳しくはお電話にてお問い合わせください。

電話番号 0944-73-7792

より快適に働いていただけるよう完全週休2日制で採用いたします。

年間休日120日以上となります。

社保完備(歯科医師国保、厚生年金、雇用保険、労災保険)です。

詳細はハローワーク求人を参考にされてください。

福岡県柳川市曙町31

石井歯科医院

入口での検温と手指消毒のご協力をお願いします。

2022年4月6日

コロナ禍になって、いろいろな施設入口での検温と手指消毒が常態化しました。

当院でも入口での検温と手指消毒のご協力をお願いしており、

来院いただいたみなさまに快く応じていただき感謝しております。

医療施設である歯科医院での感染対策は当然のことであります。

安心して受診していただけるように、日々対応してまいります。

 

福岡県柳川市 石井歯科医院

 

新年度になりまして、心新たにスタート

2022年4月1日

4月1日。新年度になりまして、石井歯科医院も心新たに頑張っていきます。

診査・診断をしっかり行い

わかりやすい説明をもとに治療方針をご提案

精度の高い治療を目指してまいります。

このブログでの情報発信も少しずつ再開していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

先日、夜桜を見に、三柱神社に行ってきました。

桜を見ることで、心が穏やかになりますね。

福岡県柳川市 石井歯科医院

 

お口の写真を撮らせていただきます

2022年3月30日

石井歯科医院の特徴として、お口の写真を撮らせていただいています。

毎日、何枚もNikonの一眼レフカメラで撮影しています。

当院に通院されている方で、お口の写真を撮られたことがない方はいないです。

お口の中は狭く、暗いので、なかなか手鏡だけでは見えません。

むし歯や歯ぐきの腫れなどお口の問題点を撮影させてもらい、

大きなモニターで見ていただくことでお口の情報を共有したいと考えています。

定期健診(メインテナンス)やホワイトニングの時も歯科衛生士が撮影し

歯や歯ぐきの状態をしっかり説明を行っています。

何をされたかわからないということがないように、

治療の前後を写真撮影して、説明をさせていただくこともあります。

どのような治療を行ったかの客観的な記録として大切にデータは保管しています。

よりよい歯科医療を提供するには、写真を撮って記録することが大切だと思っています。

 

福岡県柳川市 石井歯科医院

 

PayPayを使用できます。 #キャッシュレス決済 #QRコード決済

2022年3月23日

PayPayを導入しております。

石井歯科医院では、保険・自費に関わらず使用できます。

また口腔ケアグッズの購入にも使用できます。

一度PayPayを利用された方は、次からも使用されており

導入して数年経ちますが、利用され方が増えております。

福岡県柳川市 石井歯科医院

 

歯を抜いた後、どのくらいで食事をとっていいのか?

2022年3月20日

歯を抜いたり、歯の治療で麻酔をした後、

「どのくらいで食事をとっていいか?」とよく質問をいただきます。

 

食事は麻酔がきれてからとお話しております。

麻酔のために個人差や麻酔量によりますが、1~2時間ほど唇や舌がしびれています。

麻酔が効いている間に食事をしますと舌や唇を咬むことがあります。

また食べてはいけないものは原則ありませんが、消化のいいものをおとりください。

当日のアルコールはお控えください。

また当日は抜いたところや処置した部分を刺激しないよう注意してください。

もうひとつ抜歯後の注意としては、出血を気にして何度もうがいをすると

血の固まりがとれて血が止まりにくくなったりするので、強いうがいはしないようにされてください。

 

福岡県柳川市 石井歯科医院

 

口腔内スキャナー(IOS) TRIOS4の未来

2022年3月19日

昨年より当院に導入した医療機器に口腔内スキャナー(TRIOS4)があります。

お口の中の様子を小型のカメラで詳細に読み取り、コンピューターで立体的な画像に構築します。

従来の歯型どりをせずに、歯の型をとることができます。

歯の詰めものや被せものなどを製作する際に、この口腔内スキャナーを活用できます。

従来の歯型どりが苦手な嘔吐反射の強い方には福音かもしれません。

最近では、口腔内スキャナーで歯型どりをして行うマウスピース矯正が話題となっています。

 

導入しようと決断したきっかけは、インプラントの型どりがシンプルになるからです。

インプラント治療において手術と型どりのステップが、患者さんと歯科医師の双方に非常にストレスのかかるものです。

またインプラント治療のシュミレーションするうえでも活用しております。

現在、口腔内スキャナーで提携している技工士さんは福岡の方ですが、

口腔内スキャナーでとったデータをインターネットで送信して、被せものを作っていただいております。

出来上がったきたものは精度が高いです。

 

保険導入は今年4月の改定でも見送られましたが、いずれ導入されることになると思います。

ただし、いろいろ問題というか課題もあります。

なかなか装置が大きいので狭いお口の中での取り回しを不快に感じられる方もいらっしゃいます。

また歯ぐきの縁より深い部分をスキャンするのは苦手です。見えない部分はとれないのです。

歯がほとんどない方の型取りも、ランドマークとなる歯が少ないので精度が落ちます。

 

当院では症例に応じて、従来の方法と使い分けて活用しております。

福岡県柳川市 石井歯科医院

 

1 2 3 4 5 6 19
 
 
ページトップへ